診療内容:松葉外科胃腸科クリニック

内科・消化器科(内科・外科)・外科・肛門科など

消化器科の専門性をいかしながら、地域の皆さまの健康を守ります。

診療内容

消化器の内視鏡診断と治療を中心に、一般外科、生活習慣病(高血圧症、糖尿病、高脂血症)を
中心とした内科疾患の治療に力を注いでいます。
又、在宅支援診療所として在宅療養中の患者様の為、訪問診療(往診)も行っています。

内科

一般内科(高血圧症・糖尿病・脂質異常症・上気道炎・気管支炎・肺炎) 

高血圧症

動脈に高い圧力がかかる状態で頭痛・めまい・動悸・肩こり・耳鳴り・吐き気・手足のしびれ等を引き起こします。
高血圧症は、普段は症状が出にくいため気づきにくく、心疾患・脳血管疾患などとも深くかかわりのある病気です。

糖尿病

糖尿病の合併症を持つ糖尿病患者の寿命は、平均寿命の約70%と言われています。
糖尿病の患者数は約820万人、予備軍を含めると1,870万人にも達します。
体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。
体がだるく疲れやすい、のどが乾き水分を多く取り、尿の回数や量が増える、むくみやすいなどの症状があります。

脂質異常症(高脂血症)

血液中に含まれる脂質が過剰に多い、または不足している状態です。 高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症といった種類があり、
血液中の脂質が過剰に多い状態が続くと、心疾患や脳血管疾患の原因となる動脈硬化を引き起こします。

上気道炎

鼻水、鼻の閉塞、のどの痛み、のどの違和感、頭痛、発熱、だるさ、食欲不振、せき、痰がでるなどの症状があり
ます。原因は細菌やウイルスの感染などのほか、化学物質の吸引などによっても起ります。
5日以上にわたって症状が持続する場合はご相談下さい。

気管支炎

気管および気管支粘膜の炎症で、細菌やウイルスなどが原因で起こる病気です。
慢性の痰・呼吸困難などの症状があります。

肺炎

肺炎による死者は年間10万人にも達します。細菌の感染によって肺に炎症が起こった状態です。
風邪をひいてのどに炎症が起こっていると、病原菌が肺に移動し炎症を起こします。
せき、発熱、悪寒、胸痛、呼吸困難などの症状があります。

ページトップに戻る

消化器科(内科・外科)

食道、胃十二指腸疾患、大腸疾患、肝臓、胆のう、膵臓疾患

外科

一般外科(外傷、炎症、腫瘍、甲状腺、乳腺疾患)

肛門科

痔疾患(保存的治療を優先に、必要な場合手術をお勧めしています。)

その他

腰痛症、骨粗鬆症、泌尿器疾患(膀胱炎、過活動膀胱、前立腺肥大症)

ページトップに戻る